知っておきたい!事故状況を詳細に伝える方法

交通事故というのは偶発的な出来事ですので、たいていの人にとってはパニック気味になってしまい、冷静な判断ができなくなってしまうものです。
そのたプレゼント01め、事故状況について、なにか問い合わせがあっても詳しく答えることができなかったり、あるいは大切な事実を申告しそびれたりして、保険金の請求などの際に不利益をこうむってしまうことも多いとみられます。
こうしたことを避けるためには、例えば普段から自動車の内部に市販のドライブレコーダーを設置しておくなどして、いざというときに証拠映像が自動的に撮影されるようなしくみにしておくことなどが望まれます。
このような方法であれば、映像そのものを提出するだけで、客観的な事実が明らかになりますので、ことばや文書による不足を補うことができます。
また、もし事故によってケガをしてしまった場合については、たいした症状ではないと思っても、念のため病院に行って、医師のくわしい診断を受けておくことが大切です。
これも医師の診断書というものが客観的な証拠として保険金請求などに影響力を持ちうるというところからの工夫ですので、現場のようすを後から思い返して保険会社などに伝えるのに不安がある場合は、特にこうした基本的な対応方法をおろそかにしないでしっかり行うことが薦められます。

Comments are closed.