支払額の決定方法とは?

自賠責保険は、交通事故による被害者の救済を図るために、加害者が負っている損害賠償責任の一端を保険金というかたちで補てんすることを目的とした制度です。
自賠責保険では、保険金を請求するのは加害者、被害者のいずれのサイドからも認められているところですが、一般的には加害者からの請求になることが多いといえます。
加害者請求の場合には、加害者がいったん被害者に対して損害賠償金を支払った後で、領収証などの証拠書類を添えて、保険金の支払いを損害保険会社に請求するという手続きになります。プレゼント02
この場合の保険金の支払額は、最終的には損害保険会社が決定することになるものの、請求を受けるとすぐに損害保険料率算出機構とよばれる中立的な機関に損害調査の依頼が出されます。
依頼を受けた損害保険料率算出機構では、事故の状況、保険金を支払うことの妥当性、発生した損害の金額などについて、請求書類の書面審査により、場合によっては関係者への照会や現場確認などにより、適切な調査がなされることになります。
損害保険会社では、機構からの調査結果を受けて、死亡3,000万円、後遺障害4,000万円、傷害120万円という、あらかじめ定められた限度額と支払基準にのっとり、保険金の金額を個別に決定して、請求者に支払うことになります。

Comments are closed.