請求に必要な書類

自賠責保険へ被害者請求を行う際の主な必要書類は、保険金の請求書、印鑑証明書、交通事故証明書、診断書、診療報酬明細書、仕事を休んで減収がある場合は休業損害証明書や確定申告書、死亡事故の場合は死亡診断書、戸籍謄本、委任状葬儀費用の立証書類、後遺障害が残った場合は後遺障害診断書になります。保険金請求書は所定の用紙があり、住所氏名や振込先等を記入します。印鑑証明書や戸籍謄本は市町村役場で、交通事故証明書は各都道府県の安全運転センターに行くか警察署等で申請用紙をもらい郵便局へ提出して郵送も可能です。ただし警察への届け出が無ければ発行されません。診断書と診療報酬明細書は所定の用紙があり、医療機関へ提出し作成してもらいます。接骨院や鍼灸院へ通った場合は別の書類になり、診断書や診療報酬明細書は使用出来ません。休業損害証明書も所定の用紙があり、会社員の場合はこの用紙を使用します。自営業者の場合は交通事故の前年度の確定申告書を提出します。自営業者を始めたばかりで確定申告書を提出出来ない場合は、売り上げと経費のわかる書類を提出することで幾らかの休業損害が支払われるケースがあります。死亡診断書、後遺障害診断書は医師に作成してもらいます。

Comments are closed.