会社を休んだ分の請求はできるのか?

自賠責保険は、国の法律にもとづく強制保険であり、交通事故による被害者救済を目的として、すべての自動車で加入が義務付けられているものです。
保険金を請求するにあたっては、あらかじめ加害者が被害者に賠償金を支払った上で加害者が請求する加害者請求という方法と、被害者がそのまま自賠責保険に請求する被害者請求という方法の、どちらの方法でも可能となっています。
被害者請求という方法は、加害者がなかなか賠償に応じてくれないような場合には特に有効な方法ですが、そ}PgžxQの際、事故によるケガによって会社を休んだ分の請求はできるのかどうかは心配なところです。
自賠責保険の支払基準では、実はこのような場合にも、休業損害とよばれる項目での保険金の請求が認められています。
この項目では、ケガによって発生した収入の減少分として、原則で1日あたり5,700円まで、さらに標準的な月給などから判断して、この金額を超えることが立証できる場合については、一定の範囲内でその実額が、保険金の金額としてプラスされることになります。
ただし、自賠責保険によるケガの場合の保険金支払いの限度額は、治療関係費、文書料などの他のものを含めて120万円までとなっています。

Comments are closed.