加害者請求とは?

加害者請求というのは、自賠責保険において認められている保険金の請求方法のひとつで、自動車事故の加害者が、保険会社に対して保険金を請求するというものです。
本来であれば、事故によるケガや障害などにともなう損害賠償を受け取る権利があるのは被害者のほうですので、こうしたケースでは、自賠責保険に加入している加害者自身が、請求に先立って、あらかじめ被害者に対して損害賠償を支払っていることが前提となります。そうした上で、被害者に支払った分の損害賠償について、領収書などの証拠書類を添えて、保険会社に請求をするという流れになっています。
この方法の変形として、保険会社による一括払いという方法もよく行われています。これは、加害者が自賠責保険、任意保険の両方に加入をしている場合について、保険会社が自賠責保険と任意保険の保険金を一括して被害者に対して支払い、あとで加害者が加入していた任意保険の保険会社のほうから、自賠責保険に対する保険金請求を行うというものです。
なお、自賠責保険については、事故よる損害賠償額が確定する前に、一定の限度額の範囲内で、被害者が当座の費用の支払いを受けることができる仮渡金制度とよばれるものもありますが、こちらは被害者請求のみが認められ、加害者からの請求はできません。

Comments are closed.