必要書類を準備する必要性

自賠責保険では、加害者が被害者に対して賠償金を支払った後で、その支払った分を保険金として請求する加害者請求とよばれる方法のほうが一般的ですが、そのほかにも被害者請求とよばれる方法があります。
これは、加害者から損害賠償が受けられないときに、加害者が加入している損害保険会社に対して、被害者のほうから直接、保険金を請求するというものです。
このような被害者からの保険請求にあたっては、支払請求書そのもののほかにも、事故と被害との因果関係を説明したり、請求者の身分を証明したりするための書類がいろいろと必要になってきますので、あらかじめ準備しておくことが大切となります。
具体的には、自動車安全運転センターが発行する交通事故証明書、ケガの治療を受けた病院で発行する診断書および診療報酬明細書、会社が発行する休業損害証明書、住所地の市区町村役場で発行する印鑑証明書、被害者死亡の場合にはこれらに加えて本籍地の市区町村役場で発行する戸籍謄本などの書類です。
これらは発行元がさまざまな機関にわかれており、遠隔地に所在するものも少なくないほか、それなりに発行までの時間や手数料といったものもかかりますので、書類不備で請求が却下とならないよう、根気強く集める必要があります。

Comments are closed.