被害者請求とは?

自賠責保険は、すべての公道を走る自動車が加入しなければならないと法律で定められている強制保険ですが、交通事故の被害者をあまねく救済するというところにこの制度の趣旨があります。
そこで、加害者が被害者に損害賠償を行ったのち、自賠責保険に対して保険金を請求するという加害者請求とよばれる方法のほかに、被害者がみずから自賠責保険の保険金を請求することができるという被害者請求の方法も認められています。
この制度は、加害者が損害賠償に応じようとしなかったり、加害者側が加入している任意保険の保険会社が不当に低い後遺障害等級しか認定しないといった場合に、手続きの透明性を確保しながら必要な保険金が得られるといったメリットがあります。
請求は実際には自賠責保険を扱う保険会社に対して行うものですが、その際には支払請求書のほかに、いくつか損害賠償額を証明するための書類が必要となります。
例えば、ケガの程度や症状を示す医師の診断書、治療費がもれなく記載された診療報酬明細書、休業した期間の給与などがわかる休業損害証明書、病院との往復に要した経費がわかる通院交通費明細書などといったものになります。
これらは被害者の自己申告で必要事項を書き入れればよいものばかりではなく、病院や勤務先の証明が必要な場合もありますので、事前の準備が求められます。

Comments are closed.