病院でケガの確認をする義務について

人身交通事故などを起し被害者となった場合に、加害者側の自賠責保険に治療費の請求を行うことができます。
自賠責保険に治療費を請求する場合には、病院でしっかりと診察を受けておき、ケガをしているのであれば診断書をもらっておく必要があります。
病院に通院していることを証明する必要があるので、診療報酬明細書などもコピーしておく必要があります。
交通事故があったことを証明する必要があるので、事故を起こした場所を管轄している警察署や交番などに行き、交通事故証明書を郵送にて請求しなければなりません。
診断書・診療報酬明細書・交通事故証明書などの必要資料がなければ自賠責保険に治療費等を請求することはでき}PgžxQません。
治療を受けても症状が改善されずに、後遺障害等級認定を受けた場合には、自賠責保険の後遺障害分保険金が自分が指定した口座に振り込まれます。
この保険金は認定された等級に応じて決まっており、14級では75万、12級では224万円となっています。
自賠責保険を任意保険会社などに任せず、自分で行う場合には必要資料などを揃える必要があるため、手続きが大変面倒です。
交通事故専門の弁護士や司法書士などもおり、各都道府県に交通事故110番窓口が設けられているので、相談するのもよい方法です。

Comments are closed.